四時随順

俳句とエッセイ / やまだみのる

  • 新幹線迅し枯野をニタ分けに

    Alt Text

    新幹線迅し枯野をニタ分けに  みのる

    いまから三百数十年まえ、俳聖芭蕉は、『旅に病んで夢は枯野をかけ廻る』と詠んでいます。命を賭して旅し諸国を行脚した芭蕉翁や西行法師の時代に思いを馳せると、まさしく「隔世の感」と言わざるを得ません。

    Read more…