四時随順

俳句とエッセイ / やまだみのる

  • 室咲と窓際族にさす日かな

    室咲

    室咲と窓際族にさす日かな  みのる

    花の少ない冬の間は温室で育てられた室咲が花舗を飾ります。

    「新しく預金口座を開設すると花鉢をプレゼントします」

    という銀行のキャンペーンを見かけたので、早速木瓜の花の小鉢をもらってきて事務 所の窓辺に置いた。天恵の陽射しに応えて次々と咲き続け、しばらくの間慰めてくれた。ぼくも頑張らねば・・・

  • ゴルゴダの丘の永き日思ひけり

    ゴルゴダ

    ゴルゴダの丘の永き日思ひけり  みのる

    島四国遍路で知られる小豆島はキリスト教とも縁が深く、オリーブ園の丘の上には大きな十字架が建てられ島の殉教史が記されている。またこの丘から一望できる穏やかな瀬戸の内海の景はガリラヤの海に似てい るとも言われる。

    ガリラヤ湖畔でイエスは多くの教えをなし多くの奇跡を行われた。昏れなづむ丘の上に佇って残照の海を眺めていると殊に感慨深い。

  • 啓蟄の大地漫画の描かれけり

    啓蟄

    啓蟄の大地漫画の描かれけり  みのる

    昨今は漫画隆盛の時代となった。私達はタンクローやノラクロに夢を馳せた世代である。今ならさしずめドラエモンやピカチューであろうか。

    Read more…