四時随順

俳句とエッセイ / やまだみのる

絵屏風のごと錦せる遠峰かな

Alt Text

絵屏風のごと錦せる遠峰かな  みのる

広島の波出石品女さんをお訪ねしたときに阿波野青畝先生の愉しい逸話をお聞きしました。

穏やかな吟行日和に恵まれたある日、同行されていた奥様に『こんな句ができたよ』とお見せになられたそうです。その句には蝶々が詠みこまれていたようで、奥様が

『蝶々なんか飛んでいないでしょ』

と言われたそうですが、つかさず青畝先生が、

『じい〜とよく見てみ、蝶々が飛んでいるように見えんか?』

とおっしゃったというのです。静かに風景を眺めながら心を通わせておられた青畝先生には楽しそうに蝶々が遊んている様子がまなうらに浮かんだのです。俳句の目を養うことの大切さを覚えさされるお話ですね。

あなたも俳句をはじめませんか

     お気軽にお訪ねください

    ゴスペル俳句のWEBサイトはこちらからどうぞ